スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ウィザードリィ オンライン・攻略ブログ

AraHawiの呟きコピペ2

その1の続きだよ!

アザルス歴五指に入る謎とされるダルア・メラ・シャンディール13世(第二代ダルア皇帝)についての昔話です。



アザルス暦018年生まれ。幼名はノアリュート。
初代ダルア皇帝(ダルア・メラ・シャンディール12世)が齢35歳のときの子供で、8番目の子供だった。

ノアリュートが15歳になる頃、大陸を手中に収めたダルア皇の子らによる後継者争いが勃発し、
その火種は皇国内乱にまで発展した。それぞれの子供を支持する貴族や王族達は、
後継者となった後の利益を求め、いたずらに戦火を広げたのだった。

その内乱において、ノアリュートは最も支持者が少なく、一番最初に後継者争いから排除されると誰もが思っていた。
しかし彼は圧倒的な強さで他の後継者を駆逐し、第二代ダルア皇帝となった。

ノアリュートは反対勢力を一握りの軍隊だけで制圧し、兄弟姉妹を全て殺すことなく捕縛し、
王位継承権を捨てるか命を散らすか迫り、全ての同意を得て13世を名乗った。
兄弟姉妹たちを誰も殺さなかったことから後にダルア13世は「黎明の君主」と讃えられたという。

彼と一握りの軍隊が、他の圧倒的な軍隊に勝てた理由は諸説あるが、最も有力な説は2つあり、
1つは当時まだ知られていなかった「気力(オド)」を扱う手ほどきを受けており、その才能も高かったという事
もう1つは、彼が生まれた時から手に握っていたと言われている「魔除けの指輪」によって、
無敵無敗の回復能力を有していたからだとされている。

それから暫くは平穏が訪れていたが、アザルス歴38年。20歳となったダルア13世は、
腹違いの弟アーシュライトの内乱によって、首都リラローザを奪われてしまう。

地位も名誉も材も兵も・・・全てを奪われて放逐されたダルア13世は、冒険者にまで身を落としながらも、
様々な土地を巡って信頼出来る「仲間」を得た。

だが、この・・・(長文が続いているが文献の劣化が激しく解読不能)・・・アーシュライトは消えてしまった。
ダルア13世は(解読不能)の真価を危険視し、とある魔術師に封印を依頼した。
その魔術師の名前はチュ・ル・ガーという。

この内乱によって大陸のあちこちで火種がくすぶる形となり、以降小規模な戦いが続いた。
そんな不安定な情勢からか、アザルス歴44年、ダルア13世は26歳のとき、
突如として色に溺れるようになってしまう。

もともと世継がいなかったせいもあるが、その溺れ方は異常で、貴族や王族ばかりか庶民の娘も孕ませることがあった。
このとき色に狂ってできた子供たちは、それぞれが気力(オド)に長けており、
基礎能力が尋常ではない高さを持っていたとされている。

大臣たちは、この子供たちのせいで将来再び世継争いがあるだろうと予感していたが、
色に狂ったダルア13世の耳には届かなかった。

アザルス暦51年。ダルア13世の乱行に愛想をつかしたクォパティ寺院は、独立国家として永世中立を宣言した。
しかし内乱続きで疲弊していたダルア皇国はこれを黙認し、さらに国の威信を疑わせる結果となった。

アザルス歴60年、ダルア13世42歳のころ、何人もの世継候補が現れるようになった。
王は彼らに「世継ぎ候補として認めてほしくば・・・」と、無理難題を出すようになった。
これは「ダルア王の試練」と呼ばれ、誰一人として完遂できなかった。

数年後、ついにダルア王の試練を突破した者が現れる。その名はシュリタールと言う。
ダルア王は試練を突破したシュリタールに正当な世継ぎ候補として爵位を与えつつも、
まだ(他の自分の子らに)試練を与え続けた。

そんな中、世の中は内乱の火が沈静化しておらず、
ダルア王が悪魔崇拝しているという噂もあって、治安は悪化の一途を辿っていた。

アザルス暦75年ダルア王57歳のころ、ダルア皇国の旧家のひとつであるディメント家が
当主ディメント・メメアの奮起により、大陸東部の港町を起点に自領を王国と宣言する

アラスシュタン大陸との貿易益により繁栄していた同家は、ダルア皇国に反旗を翻した形になったが、
元々ダルア皇に連なる家系であるためか、その様式や思想はダルア皇国を踏襲しており、
皇国としては属国ができたという考えが強く、独立を問題視していなかった。

アザルス歴98年ダルア王80歳のころには、殆どその姿を見ることがなく、
試練を潜り抜けた唯一の成功者シュリタール候が実質的な政治を行っていた。

ダルア王はごく一部の側近にしかその姿を現さなかったが、偶然見かけた女中の話によると、
80歳とは思えない若々しさで、まるで30後半か40歳くらいにしか見えなかったという。

そしてアザルス暦100年、俗にいう「ダルア王の乱心」事件が起きる。
若い娘が王宮に連れて行かれ戻ってこないという事件が頻発し、それを調査していたクォパティ寺院の手の者たちが、
ダルア王が女たちを殺し、その血肉を貪っていたと証言したのだ。

シュリタールはダルア13世の逮捕を命じるが、すでに行方をくらましていた。
このタイミングで内戦が激化し、これをきっかけにダルア皇国は瓦解し、二代にして皇国は終わりを告げた。

「黎明の君主」と称されたダルア13世がどうして色に走ったのか、
そしていったいどこに消えてしまったのかは、未だに歴史的な謎とされている。


おまけ ダルア13世と5人の冒険者たち
ダルア13世が王都奪還のために選抜した冒険者たち。
ドワーフ族の戦士アルトワチス、ヒューマンの戦士にしてダルア13世の側近ジャック・トリントン、
エルフ族の美女僧エマ・リアント、ノーム族の尼僧シャンベラ・クルストス、ポークル族の義賊トムム・トル・トレル。
戦いの最中、アルトワチス、シャンベラ、トムムが死亡したが、生き残った者たちは近衛騎士となり、
死んだ者たちも英雄として像が建てられている。

このダルア13世にまつわるダンジョンもあるかもしれませんねぇ・・・ええ
スポンサーサイト


ウィザードリィ オンライン・攻略ブログ

テーマ : Wizardry Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ぷろふぃーる!

ちびえる

Author:ちびえる
シュナト鯖で活動中のポークる
ついに馬小屋10万回達成!
馬小屋の主に!
泊まり過ぎとワンダに追い出されたポークるの生活やいかに!

あたらしいきじ!
かうんたぁ!
らんきんぐ!
参加してみました ウィザードリィ オンライン・攻略ブログ
かてごりぃ!
しみゅれーたー!
けんさく!
おきにいりさいと!
りんくよう!
リンク用のバナーに使ってね!
ちょさくけん!
ブログ内のゲーム画像は次の著作権表示が付きます。付くったら付くんです! "WizardryⓇ" of GMO Gamepot Inc. All rights reserved. Wizardry Renaissance™ Ⓒ2009 GMO Gamepot Inc. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。